僕はまだネクタイをしない

はしゃぎもしない大人しくもない中間的なタイプの人間です

旅費はどのくらい?おすすめの場所は?セブ島3泊4日

f:id:pikari59:20181209030851j:plain

こんにちは!

 

まとまった休みを得たらやはり海外でゆっくり観光などバカンスをしたいものですよね(*^。^*)

 

鉄板の海外旅行先はハワイやグアム、韓国、フランス、そしてセブ島が主にあがるのではないでしょうか。

 

今回は2018年夏にセブ島に行ってきたのでその感想や旅費、観光場所について書いていきたいと思います。

ぜひ参考にして頂けたらと思います!

 

目次

1.そもそもセブ島ってどこ?

セブ島ってどこにあると思いますか?

f:id:pikari59:20181209031633j:plain

 

フィリピンです!!

フィリピンの大体中央あたりです。

 

行った際はマップで見てみると楽しいですよ(笑)

 

2.片道6時間

f:id:pikari59:20181209031830j:plain

先ほどのマップのとおり日本からフィリピンは離れています。

 

片道は6時間かかります!!

もちろん機内食はあります(*^^*)

 

喫煙者にとってはつらいものですよね汗

 

3.マリンスポーツはすべし

f:id:pikari59:20181209032048j:plain

やはりセブ島を楽しむためにはマリンスポーツがおすすめです。

 

特徴としては1年中マリンスポーツができる環境だということです。

シュノーケリングやバナナボート、ジェットスキーなどがあります。

 

セブ島の周りには島がたくさんあり防波堤代わりになっているため海は穏やかです

 

マリンスポーツ自体も価格が安くツアーで行くとホテルから海までの往復送迎もあるため料金は抑えれます!



4.あの生き物が見れる!?

f:id:pikari59:20181209032509j:plain

水族館で見ることはあるかもしれませんが生で見れて触れることができます。

 

とてもワクワクします!

 

その生き物とは……

 

 

f:id:pikari59:20181209032640j:plain

ジンベエザメです

 

実際に目の前で見てきました(*^-^*)

最初は怖かったですが、だんだん慣れます。

とてもデカいです(笑)

 

現地のスタッフさんが餌をやるのでそれをジンベイザメは食べに来ます。

注)ジンベエザメの口元へは近づかないでください!

 

写真撮影をすることができます!

こんなにいいものが見られるのでツーショットを撮りたいものです。

 

残念ながら私は失敗に終わってしましました。。

 

ぜひ挑戦してみてください!(^^)!

 

 

 

5.巨大ピザ

 セブ島にはテレビや雑誌などで取り上げられる巨大ピザで有名なお店があります。

 

f:id:pikari59:20181209033834j:plain

CALDA PIZZA です!

もちろん普通サイズのピザもあるので安心してください(*^-^*)

f:id:pikari59:20181209033936j:plain

 

びっくり(笑)

味は4種でした。

 

20代若者4人でやっと食べきれたくらいです。

 

この日はお腹がいっぱいでした(笑)

 

記念撮影もかねてぜひ食べてみてください

6.ショッピングが楽しい

大型ショッピングモール

SM(シューマート)はブランド店が多くゆっくりショッピングをしたい方や

ブランドが好きな方は行っておきたい場所です。

 

クレジットカードを使うときにIDを求められました。

クレジットカードを使う方は注意してください。

 

安いものでショッピングを楽しみたい方にはコロン地区がおすすめです(*^-^*)

f:id:pikari59:20181209034726j:plain

セブ本島の中心部に位置するコロン地区は庶民のショッピングエリアとして知られており食品から日用品まで揃っています。

 

お店以外に外で個人で商品を売っています。

安いものが多く見るだけでも楽しいです(≧▽≦)

 

日本では見られないものがたくさんあります

7.季節はどう?

f:id:pikari59:20181209035117j:plain

セブ島には日本のように四季がありません。

 

年間の平均気温は25℃で安定しておりとても暖かいです。

6~11月 雨季

12~5月 乾季

湿度は70%で高めです。

8.タクシーには気をつけろ

f:id:pikari59:20181209035411j:plain

セブ島だけではなく海外でタクシーに乗れば日本のタクシーに親切だなと思います。

 

タクシーに乗る際にはまず行先を言わなければなりません。

時には乗せてくれない運転手もいます。

その時は次のタクシーを待ちましょう。

 

日中のタクシーのはあまり問題はないのですが、夜にタクシーに乗るときは注意してください。

 

メーターをしていないタクシーがおり料金を高く請求してきます。

 

ホテル着であればホテルのスタッフを呼べば料金は下がります。

しかしそうでないときは助けてくれる人がいないので乗る前にメーターをするかどうか確認してください!

 

もしメーターをしていないタクシーに乗るときは乗る前に行先を言って料金を言って交渉してください!

 

参考のため、フィリピンのタクシー相場をご紹介します

初乗り:40ペソ(約120円)

10分程度の距離:70ペソ(約210円)

30分程度の距離:100ペソ(約300円)

1時間程度の距離:250ペソ(約750円)

 

いかがでしたか?

外国人からすると日本人は優しくてお金持ちという印象のため

余分なお金の請求や強盗に遭うことが少なからずあります。

 

対策としてリュックを前にする、お金を分散して管理するなどが有効です。

 

せっかくの楽しい旅行なのにトラブルになるのは嫌ですよね。

そのため対策はしっかりしておきましょう。